緑あふれる壁を作りたい!壁面緑化の時に気を付けたいポイントとは

自然に近い快適な空間づくり

壁面緑化を行うことで、人工の建造物である建物をより自然に近い状態にすることができます。普段生活や仕事をしている環境をより快適にすることができるだけでなく、地域の人々に貢献することができます。コンクリートだけの場合と比較すると壁面緑化を行うことによって建物内部の温度を下げることができるので今まで冷暖房に使用していた電力や設備に対する投資を削減することができます。余った資金をさらなる壁面緑化に対して使用することで地球環境にも優しい良いサイクルが生まれるのです。空気を浄化する働きを持っているのも壁面緑化ならではです。また、壁面が直接風雨にされされることを防ぐことができるので、建物そのものの寿命を延ばすことができるということもメリットの一つです。

具体的な目的を決めて行う

壁面緑化を行っている建物はまだまだ増加途中にあるため、導入する際にはどのような目的を持って壁面緑化を行うかということを具体的に定めておく必要があります。地域の人々のために景観をよくしたいといったことや、エネルギーに対するコストをカットしたいのかということ、そして地球環境に対する貢献をアピールしたいのかということを明確に設定しておく必要があるのです。壁面緑化については、見る人やそこで生活している人の心を癒したりする働きもあると考えられています。綺麗な状態を維持するためにはメンテナンスのための費用も必要です。明確にお金として還元されないメリットについても考えておく必要があるのです。

壁面緑化は日差しを遮り、建物内部の温度上昇を抑えるため、温暖化や省エネを期待され、用いられます。また、景観の向上といった目的のためにも行われます。