機械式時計のビギナー必見!機械式時計が磁気製品から受ける影響を知ろう!

機械式時計の動きが変!実は磁気に弱いって知ってた?

機械式時計を使用していて、精度が安定しなかったり、ゼンマイを巻いているのに止まってしまったなどの経験はありませんか。この様な機械式時計の症状は、磁気の影響を受けたために起こることがあります。機械式時計は一般的に磁気に弱い時計と言われています。例えば、いつも愛用しているバッグに入れて持ち歩いた時に調子が悪くなるなどの状態であれば、バッグの留め金を確認してみてください。留め金がマグネットであれば磁気帯びの原因と考えられます。また、身の回りにある電化製品にも注意しましょう。うっかりオーディオ製品の上へ機械式時計を置いてしまったり、スマートフォン使用時に外し忘れるなども磁気帯びする場合があります。磁気から機械式時計を守るためには最低でも5センチから10センチ程度、磁気を発生させている物や場所から時計を離せば影響が受けにくくなるでしょう。

機械式時計が磁気を帯びてしまったら!?

機械式時計が磁気帯びすると、ただちに故障に至りはしませんが、やはり精度が安定しなくなってしまいます。デジタル時計など電池を動力にする時計であれば修理の必要はありません。しかし、磁気帯びした機械式時計を磁気製品からしばらく離していても、テンプと呼ばれる機械式時計の精度を安定させる要の部品には磁気が残ってしまうのです。ただし、機械式時計が磁気を帯びてもそれ程慌てる必要はありません。脱磁と呼ばれる修理を行えば再びコンディションが良くなるため、時計店やメーカーへ問い合わせしてみましょう。

ウブロは、金属製のベゼルにラバーベルトの腕時計で名をはせたスイスの時計メーカーです。革新的なデザインと流行を融合させたスタイルが特徴となっています。

ウブロの価格の更新情報