デジタルカメラで撮影した写真の整理方法に困っていませんか?

デジタルカメラはフィルムを気にせず撮影出来る

従来、写真機と言うのはフィルムを使ったもので、フィルムは24枚撮りや36枚撮りと言った具合に、使用するフィルムの撮影枚数分しか写真撮影が出来ませんでした。

そのため、現在何枚撮影が出来るのかを、その都度カメラのフィルム枚数を確認してシャッターを切るべきか、それとも次のシャッターチャンスを待つべきかと言った選択肢に遭遇する人も多かったのではないでしょうか。

現代は、フィルム式のカメラもありますが、デジタルカメラが主流になっているため、フィルムのようにシャッターを切るべきか否かを迷う事なく、シャッターを切る事が出来る便利な時代です。

また、デジタルカメラの場合は撮影した後に画像をすぐに確認する事が出来るので、要らない写真は消去し、残したい写真だけを保存しておく事も出来るようになっています。

気軽にシャッターを切れるので写真データも膨大な量に

デジタルカメラの場合、シャッターを気軽に切る事が出来るので、ファインダーを覗いた時に、見えるものを写真に収めておきたいと考えるケースが多くなって来ます。

フィルム式のカメラの場合は、別のアングルから撮影してみようと言った具合にシャッターを切らない事もありますが、デジタルカメラはフィルムを使っていない分、気軽にシャッターを切る事が出来るわけです。

当然、写真データの量は膨大なものとなり、後からあの時の写真を見たいと思っても直ぐに見つけられない事も多いのではないでしょうか。

写真データは定期的に整理をする、日付毎にまとめる、写真の属性を使って分類するなどしておけば、後から写真を探す時などにも便利ですよ。

フォトブックとは個人で写真等の画像を編集・制作することを指します。現在ではデジカメやパソコンにより、簡単に画像を処理できます。