環境に優しい!屋上緑化で温暖化対策と省エネ!

屋上緑化ってどんなもの?

地価の高い都心部などでは新しく緑地を設けることが難しくなっています。そこで注目されているのが「屋上緑化」です。屋上緑化とは、その名の通り屋上や屋根に植物を植えて緑化スペースを設ける、というものです。

防水処理を施した屋上に軽量土を敷き植物を植える、という一般的な手法から、設置するだけの手軽なユニット式のものなど様々なタイプの施工法があります。ショッピングセンターやデパートなどでよく目にしますが、一般家庭にも普及は広がっていますね。

屋上緑化の様々なメリットと注意点

植物の蒸散作用によって周囲の気温が下げられる、という点が屋上緑化のメリットですね。ヒートアイランド現象などが問題視されている都心部では大きな効果があります。また、植物や土台の土が直射日光を遮ってくれるので断熱効果も期待できます。その結果、エアコンなど空調の稼働率を下げられることになり、省エネへとつながります。紫外線も大幅にカットできるので、建物へのダメージも緩和されます。そして無味貫通なコンクリートの人工物群の中に緑が植えられることで、人々に安らぎを与えてくれるリラックス効果も大きなメリットです。

注意すべき点としては、建物に大きな荷重がかけられてしまうという点です。既存構造物は特に、屋上に荷重がかかることを想定されていないものが多くあります。土と水の重さで建物に影響が出る場合もあるため、広い面積を緑化する場合は注意が必要です。また、屋上というロケーションのため強風対策も必要となります。芝など背の低い植物を選ぶこと、風で飛ばされないようにネットを張るなどの工夫も必要ですね。そして、防水処理を怠ると雨漏りの原因となるので注意しましょう。

屋上緑化とは建物の屋上に植物などを植え、緑を増やすことをいいます。このようにすることで、周りと比べ気温が下がるので夏には必要な場所と言えます。