ペット保険はどうやって選ぶ?ポイントは「バランス」

ペット保険には入るべき?

ペット保険はペットに万が一の病気や怪我の時、かかった治療費の一部を補償するものです。人間と違い健康保険がないペットの医療費は高額になってしまいますので、それを解消して飼い主の金銭的な負担を軽減してくれるとして人気となっています。加入するかしないかは飼い主の判断にもよりますが、毎月の保険料が少額でも大きな補償を受けることができるペット保険も増えています。安心のために加入している人も増えてきています。

加入の際にはバランスを考えよう

ペット保険に加入するときに何を基準にしていいのか迷ってしまいますが、考えたいのはバランスです。保険料が安く、通院は保証なし、入院や手術の時だけ補償を行ってくれるプランに加入しても、今までにも感染症になりやすかったペットの場合、通院だけを何日も続けていても補償は0円になってしまいます。これではせっかく加入したペット保険も治療費の軽減には役立ちません。加入の際にはペットの健康状態と補償内容とのバランスを考えることが大切になります。「それなら、ペット保険に加入しなくても、万が一の時に備えて貯金をしておけばいいんじゃないの?」という意見もあります。しかし貯金をしてきた以上の治療費が必要になってきてしまうこともありますし、ペットが高齢になってから「やっぱり入っておこう」と思ってもすでに病気だったり高齢になるとペット保険に加入することもできなくなってしまいます。まだペットが若いうちから、ペット保険に加入するかどうかをしっかりと検討しておいた方が良いでしょう。

ペット保険に加入をしておけば、ペットが病気をしたりけがをしたりした時も安心です。保険会社や保険料によって、保障内容は異なります。